アイアクト 目の痙攣

アイアクトの緊張対策成分

アセチルコリン(まぶたがピクピクする原因物質)により目の周りが緊張することで起こる瞼のピクピクの症状。
このアセチルコリンは、表情ジワの原因物質でもあります。
アイアクトのアルジルリン、シンエイク、プロジェリンの3つの成分が緊張対策をしてくれます。

アルジルリン

「塗るボトックス」とも美容業界でいわれるアルジルリンは、塗るだけでボトックス注射とほぼ同様の作用を顔の表情筋に働きかけると言われています。
アルジルリンは、アミノ酸の一種。
神経伝達物質アセチルコリンの遊離を抑制する働きがあります。
その働きによって、筋肉の緊張・収縮が緩和します。

 

シンエイク

『ホンマでっか!?TV』などでも取り上げられるほど、注目のシンエイク。
アルジルリン同様の効果があり、シンエイクも「塗るボトックス」といわれています。
シンエイクは、の6倍の効果があるといわれています。

 

プロジェリン

プロジェリンは、2012年、世界最大の国際美容コンベンションである化粧品原料展示会「In Cosmetics」で金賞を受賞した最新型ペプチドです。老化現象を引き起こすタンパク質を抑制し、肌細胞を活性化させる働きがあります。

 

アイアクト 成分