アイアクト 目の痙攣

カミツレ花エキス

アイアクト 成分 

カミツレ花エキスは、カミツレの花から抽出して得られるエキス。
保湿、消炎、収れん(肌を引き締める)、血行促進などの効果があり、シミ、そばかすの色素沈着を抑える作用ももちます。

 

セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス

セイヨウオトギリソウの花や全草から抽出して得られるエキスです。
皮膚細胞活性効果、収斂効果、消炎効果などがあります。
オトギリソウに含まれる有効成分ファレロールには、真皮の線維芽細胞のコラーゲンレセプター(受容体)の量を増加させる作用があることが確認され、コラーゲン増加による小ジワやたるみ防止効果、弾力やハリの改善など加齢による肌の衰えを防止する効果が期待できます。クエルセチンなどのフラボノイド類、アントラキノン類、タンニンも含んでいます。

 

トウキンセンカ花エキス

キク科の植物で花に薬効があります。カロチノイド、サポニン、トリテルペノイド、フラボノイドを含み、肌にうるおいを与え、しっとりさせる働きがあります。
消炎効果、鎮静効果があり、敏感肌の対応に適した成分です。

 

フユボダイジュ花エキス

ヨーロッパ原産の落葉高木フユボダイジュ(別名セイヨウボダイジュ、シナノキ)の花から抽出精製した植物エキス。
収れん、血行促進作用などの働きがあるといわれています。

 

ヤグルマギク花エキス

ヤグルマギクの花から抽出して得られるエキス。
抗菌作用、消炎作用、保護作用、収れん作用、皮膚細胞の活性作用。
 なめらかな肌にすることを目的に、肌あれ、にきび、あせもなどの肌のトラブル予防や、アンチエイジング対策としても有名です。

 

ローマカミツレ花エキス

キク科植物のローマカミツレの花から抽出して得られるエキス。
消炎効果、抗菌効果、皮膚代謝促進効果があり、肌あれ防止にも使われます。

 

インドナガコショウ果実エキス

血流量を増加させ、新陳代謝を促進させる働き